忍者ブログ




免疫つけよう
2017.06.23
二週間たってもまだたんが止まらないので、もっかい耳鼻科に行ってきました。副鼻腔炎だそうで、以前は四日分でしたが、今回はちょっと薬を変えて、一週間分もらいました。これで治るといいな。治ったら週に一回くらいは一時間程度の散歩くらいはしよう。免疫つけねば。
 以下、読書状況です。



・「筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。鎌倉の花は、秘密を抱く」谷春慶
 毒舌家で変人の書道家、東雲清一郎。筆跡鑑定も行う彼は、書を愛しているのに、書を避けている。しかし――客の目を引く見事な書店ポップ、鎌倉の寺社を巡った御朱印帳、祖父が読みたいと望んだ特別な小説、少年が誰にも見せたくなかったメモ――気持ちに嘘はつけても、文字は偽れない。文字に秘められた想いを、清一郎は明らかにしていくが……。古都・鎌倉を舞台に、文字と書、人の想いにまつわる事件を描くミステリー。(あらすじ引用しました)
 印象に残ったのは、最初の話の「清一郎、脅される。」でした。いやあ、美咲も話の中で「男子って、どうして馬鹿なんだろう?」と言っていますが、まさにこの言葉通りのお話です。
 最初はあらすじにもある通り、美咲のバイト先にある書店のポップから始まるのですが、一方で、清一郎も、「彼女と別れろ」という不幸の手紙をもらうようになったと不機嫌な調子で。別々の出来事に見えましたが、話が進むにつれて、ポップを描いた人と、清一郎に不幸の手紙を送りつけた人物が同一人物であることが明らかになっていきます。しかもこの犯人の動機が、まさに恥ずかしい勘違いでね…。いや、よくある話と言えばそうかもしれないんですが…確認くらいしようぜ、少年、と、読みながら思いました。そしてかわいそうにとも(苦笑)。
 あとは最後の話の「清一郎、頑張る。」もよかったです。清一郎は、自他共に認めるように、美咲のようにおせっかいではなく、自分から進んで人助けをするような可愛い性格ではないんですが、妹の友人の弟がいじめの疑惑がかけられているということを妹から聞いて、酒の勢いもあって、その疑惑を確かめる依頼を受けます。酒が覚めた後に、美咲に渋々と協力を乞うのですが、誰かに協力を乞うだけでも、最初を思うとだいぶ成長したなあと思います。まるくなったね清一郎君。
 結果としては、両親の離婚を受けて、その子供がとても思い詰めたための行動だったと判明して、その子供の父親がいたく反省するという終わりになります。いつの時代も子供が親に振り回されるのは常だなあと思います。
 で、最後に、美咲は清一郎が書展に作品を出したと聞いて、むりやり清一郎に書店の開催場所に案内させるのですが、そこで自分の作品を美咲に見られた清一郎がかわいかったです。かわいいねえ清一郎君。
 続編が出たらまた買います。個人的には美咲と清一郎の関係が発展して欲しいところ。



・「ブライディ家の押しかけ花婿」白川紺子
 マリー・ブライディは伯爵令嬢でありながら、社交界にも出ず、魔法石の研究に没頭している十七歳。ある日、酔っぱらった父が「おまえの花婿を拾って来てやったぞ」と、ひとりの青年を連れてくる。デューイというその青年は、なんとこの国の青年だった。デューイはマリーに求婚するが、独身主義のマリーは結婚する気など全くない。だが、デューイは花婿として家に居座ってしまい……?(あらすじ引用しました)
 全体としてはライトノベルかなと思いますが、話の折々にちょっと重い要素もあります。たとえば、最初の方に魔法石連続窃盗事件が起こっていると語られますが、犯人は動物――犬だったと判明します。その犬がどうして魔法石を盗むようになったのかという動機が、病気がちな主人に元気になって欲しいというものだったのですが、この主人は既に亡くなっていました。この犬の主人はまだ大人にもなっていなかったのですが、親が、とりわけ父親がこの主人に何もしなかった理由ももうね…。結婚したら大人しくしようよと思いました。
 このお話には、魔法石が出てくるだけでなく、犬やウサギになったりと色々な魔法や、動物使用人という、動物好きにはたまらんキャラクターも出てきます。主に出てくる動物使用人は、マリーに仕えているウサギの動物使用人のクロルと、デューイの友人に仕えることになる熊の動物使用人のブルーノですが、クロルのとぼけたような性格がたまりませんでした。しかも、お話の中には、このふたりが人間になる魔法がかけられる場面もあって、その挿絵もあるという。なんて素敵。
 ただ、最後には、自分は選ばれなかったという劣等感をずっと持っていたマリーが、同じような、けれども根の深い思いをしたために風にもなれなかった魔法石を宥めることになるのですが、この魔法石の元々の人物がかつて味わった過去の片鱗も、けっこう重いものでした。それは辛いなあ。結果としては、デューイの協力を得たマリーによって宥められるので、よかったです。
 挿絵や表紙の絵も素敵で、全体的にはかわいいお話かなと思います。



・「古道具屋皆塵堂 祟り婿」輪渡颯介
 怪しげな曰く品を扱う皆塵堂で、連助という男が働き始めた。だがこの連助、幽霊や呪いや祟りの類を絶対に信じようとしない。幽霊が見える太一郎などは天敵だ。連助の婿入りが決まっている紅白粉《べにおしろい》問屋六連屋《むつらや》では、なぜか跡継ぎの婿が次々と早死にしていた。皆塵堂の主の伊平次らは、祟りの正体を突き止められるか?(あらすじ引用しました)
 皆塵堂シリーズの文庫の最新巻です。出ましたねえウフフ。
 ただ今回は、幽霊や呪いや祟りは出ても、そんなに怖くなかったです。いや、皆塵堂で新しく働き始めた連助の婿入り先の祟りの話はちょっとぞっとしましたけどね…。質屋敷で妙な音がする、衝立から顔がのぞく、幽霊が出る屋敷、そして最後に連助が婿入りする先の問屋で続く祟りの話が収められています。
 幽霊が出る屋敷では、ひょんなことで、連助だけでなく、太一郎の幼馴染であり大の猫好きでもある魚屋の巳之助が泊まりがけで、屋敷の中の片づけをすることになります。どんな幽霊が出るかというと、綺麗な若い女性の幽霊だそうですが、最初は連助も巳之助も、案内する女性が来るからと聞かされたこともあって、綺麗な若い女性と会っても、それが幽霊だとは気付かないんですね。翌朝、片付けも終わりにかかった頃に、伊平次だけでなく、一日間違えたと、案内する女性がやってきて、自分達が会った女性は幽霊だったのだと巳之助はうすら寒い思いをします。だけでなく、案内するはずだった女性に巳之助が聞きたかったこと――猫は好きかという質問に、嫌いであってくれと思う巳之助に、この女性は「大好きですよぉ」と答えて、たまらず巳之助は逃げ出します。二重の意味で可哀想に(笑)。
 最後の話では、連助が婿入りする先の問屋である祟りの正体に迫りますが、その正体を知った太一郎と巳之助、そして伊平次らはどうしたものかと頭を抱えます。何せ、祟りの正体は刀で、その刀で命を落としたのは四人だと判明します。しかも、そのうち一人は赤ちゃんで、もうひとりは女性(残り二人は男性)という…。太一郎と巳之助も、店の者から話を聞いていて嫌な顔になっていくのですが、読むこちらも嫌になってきました。そんな恐ろしいものを祀るんじゃないよこんにゃろ。
 結果としては、以前にも太一郎とかかわりのあった礼蔵という人物に、太一郎が頼み込んで、店の者にくだんの刀を持ちだして貰い、無頼者とやり合う中でその刀を折ります。よかったよかった。わたしも読みながら、どうやって刀を片付けるんだろうと思いましたが、しかし人間、どんな力があるか分からないもんですね。
 ここだけの話、礼蔵さんて誰だったかなと、すっかり忘れてしまったので、改めて最初の話から読みなおそうと思っています。ごめんなさい礼蔵さん。
 まだ続編があるみたいなので、早く文庫化してほしいところです。



・「装幀室のおしごと。~本の表情つくりませんか?~」範乃秋晴
 この本にはどんな表紙が似合うだろう? 紙の種類は、帯の有無は、中身の文字組みはどうしよう? こうして試行錯誤を繰り返して、時には編集や作家と熾烈に火花を散らせながらも、その本だけのぴったりなデザイン〝本の表情〟を生みだすのが「装幀家」の役割だ。それを信条に出版社の装幀室で働く本河わらべは、その男の言葉が信じられなかった。「本の内容には目を通さない主義だ。中身を読もうが読むまいが、売り上げが変わるとでも思っているのか?」(あらすじ引用しました)
 この作者さんの名前、なんだか見覚えがあるなあと思ったら、それも道理で、以前に紹介したことのある「鴨川貴族邸宅の茶執事」を書かれた人でした。
 読んでみて思ったのは、ドラマになりそうなお話だなあというものでした。いや本当に。
 本をつくる仕事は知ってそうで知らないことばかりなので、カバーや表紙、また帯の有無など、帯に載せる推薦文なんかもいろいろな調整があって決められるという装幀の仕事の内容は興味深かったです。そして同時にちょっと申し訳なく思いました。どんな表紙なら人に読んでみたい、買いたいと思わせることができるかが重要視されるというようなことも書かれていたので、ごめんワイは表紙とかじゃなくて、作者さんとかあまぞんのレビューなんかで買うかどうかを決めてるんや…と思ったので。
 出てくる登場人物も、それぞれの考えを持っているがゆえに、仕事のやり方も違うんですね。わらべさんと巻島さん、このふたりを中心に話が進んでいくのですが、わらべさんはゲラ(原稿)を読んでから表紙のレイアウトをつくるのに対し、巻島さんはゲラに目を通さずに表紙のレイアウトをつくると、実に対照的です。新撰組に焦点を当てた本をつくることになるのですが、新撰組を調べた上でレイアウトをつくったわらべとは反対に、巻島さんは一般的に知られている新撰組のイメージでレイアウトをつくり、結果は巻島さんの作ったレイアウトが採用されます。
 というふうに、最初は何かと衝突が多いのですが、最後のほうに湯川さんという作家の本を出すに当たり、わらべは巻島さんのやることに怒らなくなっているところからして、なんだかんだでうまくやれるようになっていきます。というより、湯川さんの無茶な要求にどうすればいいんだと頭を抱える巻島さんに、わらべが助けの手を出すことになるんですね。
 この湯川さんも過去に根の深い出来事があったために、編集に対してあれこれ無茶な要求を通すようになったことが語られるのですが、イメージは恐ろしいなと思いました。
 また続編も出るそうなので、どうしようかなと考え中です。

拍手

PR
みなさまこんにちは。お元気でお過ごしでしょうか。ワタクシはというと、先週の土曜日から体調を崩しておりました。まず鼻水から始まり、体の節々が痛む・たんが出る・発熱と、風邪の典型的な症状が出て、月曜日くらいにやっと熱がおさまったものの、たんが止まらないのは相変わらず…近くの病院で診察してもらって風邪と診断されて薬をもらうも、たんが止まらない+どうも調子が出なくてふらふら、木曜日は耳鼻科が休みだったので金曜日の朝一番にやっと耳鼻科へ行って診察、別の薬をもらい、やっとこさたんが少しずつおさまってきた、とまあ、こういう流れでした。
 そういうわけで、先週の土曜日から昨日まで半ば幽霊みたいになっておりました。
 で、今日、やっと一週間ぶりに出勤したのですが(上司のみなさま、申し訳ないです)、体調不良で休みの人が一人、子供が風邪で休みの人が一人、風邪で咳が止まらない人が一人と、なんと風邪が流行っているらしいことを知りました。なんたるちや。
 みなさまもどうぞ体調管理に気をつけてください。
 しかし、ワイもいい加減に週に一回くらいは一時間程度のウォーキングくらいはするべきか…。

 以下、読んだものです。読書状況はまた後日に。

 

 



 「ダメな私に恋してくださいR」は面白かったです。話のテンポもそうですし、それぞれのキャラたちの絡み合いとかも。個人的にはミチコさんと仲のよいおば様トリオが何気に好きです。

拍手

こちらではやっと梅雨入りしました。暑い日が続くようになりましたが、みなさまお元気でしょうか。熱中症には気をつけたいところです。
 では以下、あげるあげると言いながら遅くなってしまった読書状況です。ナマケモノにも程がある。



・「純喫茶「一服堂」の四季」東川篤哉
 鎌倉にひっそりと佇む喫茶店「一服堂」の美人店主・ヨリ子は極度の人見知り。だが未解決の事件の話を聞けば、態度豹変、客へ推理が甘いと毒舌のつるべ打ち。そして並み外れた思考力で、密室の「十字架」磔死体など四つの殺人の謎に迫る。(あらすじ引用しました)
 御存知、「謎解きはディナーの後で」を書かれた作者さんの本です。福岡に旅行に行く時に、空港の本屋さんで何かないかな~と思ったらこれを見つけたので即レジに行きました。
 帯に「珈琲店タレーランの事件簿」の作者の推薦文がちょこっとあるのですが、すみません、わたしはタレーランよりもこっちの方が好みです。タレーラン、ちょこっと読んでみたんですが、うーん…。男の人が好きな女性をそのまんま主人公にしてみましたという感じでね…。
 いやいや、「一服堂」の感想でした。タイトルの通り、四つの季節ごとに起きた事件を、「一服堂」を訪れたお客さんから話を聞いた若い女性店主が瞬く間に推理して解くという内容になっています。
 相変わらず「謎解き~」シリーズのように、それぞれのキャラがちゃんと立っているし、ばかばかしくて笑えるところも随所にしっかり織り込まれています。この笑いのセンスはさすが東川先生。ワイも見習いたいですが…なかなかできませんね。
 個人的に印象に残ったのは、第三話の「切り取られた死体の謎」ですかね。何せ、このお話には、少しばかり――いや、かなり変わった? 趣味を持つ男の人が出てくるのですが(この人が犯人です)、罪を犯した理由が理由なだけに、被害者が哀れに思えてきました。あんた…そんな理由で何の罪もない人に手をかけたらあかんよ…。
 この本の後に、相葉君が主演を務めている「貴族探偵」も読んでみたんですが、ドロドロしておりました…。うん、まあ、殺人事件が起きるとなったら、やっぱりドロドロも生まれますよね…。仕方ないっちゃ仕方ないけども、ワイは東川さんの本みたいにカラッとしている方が好きです。
 推理ものを読んでみたいけど、ドロドロしているのはいやだなあという方にはおすすめです。



・「スイーツレシピで謎解きを」友井羊
 高校生の菓奈は人前で喋るのが苦手。だって、言葉がうまく言えない「吃音」があるから。そんな菓奈が密かに好意を寄せる真雪は、お菓子作りが得意な究極のスイーツ男子。ある日、真雪が保健室登校を続ける「保健室の眠り姫」こと悠姫子のために作ったチョコが紛失して――。鋭い推理を詰まりながらも懸命に伝える菓奈。次第に彼女は、大切なものを手に入れていく。スイートな連作ミステリー。(あらすじ引用しました)
 ごめんなさい、ちょっと一言よろしいでしょうか。お菓子が出てくるという意味では、確かにスイートではありますが、話の内容もスイートかというと、あんまりそうではないように思いました。
 「英国王のスピーチ」でご存知になった方もいらっしゃると思いますが(わたしもそうでした)、吃音という障害を持った女子高生が主人公です。家族には吃音の症状は出ないのですが、家族以外の人とは吃音の症状(言葉が詰まるなど)が出るので、人と話すのがすごく苦手な彼女ですが、あらすじにもあるチョコ紛失事件をきっかけに、周りの人と少しずつ関わっていくようになります。
 それはいいんですが、話が進むにつれて、なんかだんだん人の闇の部分が濃くなっていくような…。特に、第六話の「クッキーが開けられない」で、保健室登校を続けている悠姫子が保健室登校になったきっかけである事件が解かれていくのですが、この事件がもうね…。いたたまれないというか、アイタタタというか…。空気を守るためだけに誰かを犠牲にするって、そりゃよくないと思うよ…。
 些細ないたずらや悪ふざけだったとしても、それがずっと続くと、やっぱり人間、嫌になるもんだよなと思いました。自分がされて嫌なことをしたら駄目ですよって、みんな親からなり周りからなり教われればいいなと思うんですけどね。
 わたしも聴覚障害を持っているので、吃音がどんなものなのかを知らない人から悪意のない言葉で傷ついたようにとまではいきませんが、高校時代に、耳が聞こえないと知っているはずなのに、耳の傍に顔を近づけて話をされたことがあります(先生でした)。耳の傍に口を近付けられても、普通の人のように音だけで分かることはできないんですよ…。わたしの場合、口の形を読んだり、それが無理だったら筆談だったりで、コミュニケーションをとってます。手話も習っていないのに、耳が聞こえないと知った(プラス手話を習った)人から、初っ端から手話で話されたこととかもありますね…。聴覚障害=手話という認識は取っ払っていただけないだろうかなあとたまに思います。あと、病院に行くのはちょっと嫌な時もあります。こちらから申告しないのも悪いんですが、マスクをつけたまま話をされると、何を言っているのかさっぱりわからなくて逃げたくなりますし、先生の口の動きがほぼ動いていないと、やっぱりこっちもなにをおっしゃっているのかわからなくて以下同文。
 最後は愚痴になりましたが、知らないことがあったら、思い込みやイメージだけでなくて、ちゃんと知る努力をするのが大事だよなと思った本です。



・「シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱」高殿円
 クール&クレバーで電脳を駆使する名探偵シャーリー・ホームズと、だめんず好きでお人好しの女医ジョー・ワトソン。コナン・ドイルの正典の主要キャラ達を男女逆転させ、更に舞台を現代へとアレンジ。(紹介文引用しました)
 シャーロック・ホームズの男女逆転ものと紹介されていて、どんなもんかなと手に取ったものの、なかなか手が伸びず…これも福岡への旅行の時に読みました。
 文章はしっかりしているな~と思ったんですが、現代を舞台にしているとのことですが、いやいやこれはどう考えても近未来の舞台じゃないか? と思いました。たとえば、シャーリーとジョーが一緒に住む家――221bのアパートが電脳家政婦によって管理されているところとか。人工知能という言葉をよく聞くようになりましたが、さすがに人工知能がアパートやマンションを管理する時代にはまだなっていないんじゃないでしょうかね…。
 キャラ設定についても、男女逆転するのは素晴らしい発想だと思いますが、ワトソンの設定がどうも…。いっぱい恋愛経験をしたんだけども、ぜんぶ相手に振られて終わっているという過去話がちょこっと出てきまして、本家のワトソンはそんなキャラだったかなと。
 読んだ時は文章がしっかりしていたし、会話のテンポもよかったです。でもごめんなさい、もうちょっと本家に寄せてみたらよかったんじゃないかなあと思います。



・「壇蜜歳時記」壇蜜
 壇蜜さんの連載していたエッセイをまとめた本になります。今回の中ではこれが一番良かったですね。連載の時はちょっとあれなタイトルだったみたいですが、内容はちゃんとその季節に合った話題や、壇さんの考えていることだったり願望だったりが、時にユーモアを、時にシュールも交えて書かれています。ええ、シュールでした…。
 個人的にかなり印象に残ったのは、カタツムリを身体に這わせた写真が載った写真集がめちゃくちゃ売れたというお話でした。ね、シュールでしょ。
 他にもけっこう興味深い話がいろいろありました。例えば、「超えてはならない一線ってどこ?」という話では、過去付き合っていた恋人と別れた経緯が書かれています。「どれも「自分を出して」迎えた結末」だと、本文で語っていますが、最後に「一線越えないって難しい」と結ばれておりました。超えたらいけない一線って、人によると思うので、難しいよなあと共感しました。
 他にも、高校時代の思い出とか色々語られていて、読みながらわたしも高校時代を思い出していました。当時、数学が難しくて嫌だったのですが、その数学のテスト後の答え合わせ&解説の時間で、わたしの答案用紙を確認した後に黒板に向かっていった先生に赤ペンのキャップを持っていかれたこととかね。幸い、あの…返して…と遠慮がちに先生に向けた手から察してくれた、近くの席のクラスメイトに、「どうしたの?」と聞かれて、「キャップ…」と控えめに答えた後、その子が「先生、キャップ持っていっちゃってるよー!」と言ってくれまして、笑いに包まれるクラスの中、赤面しながらの先生に返していただきました。今となっては良き思ひ出です。あの先生とあの子、どうしてるだろうか。

拍手

意味不明なタイトルですが、これにはきちんとした経緯がありまして。というのも、先日、web拍手から、メッセージをいただいたんですが、なんと英文でして…あの、わざわざメッセージを送っていただいたのはうれしいんですが…I can't understand english,i'm sorry!

 どうしたもんでしょうね。
 とりあえず、読書状況は、すみません、今日はちょっと時間的にムリなので、拍手返事だけでも。

>酒樂さん
 メッセージをありがとうございます。パジャマの記事に反応いただいたようで、これはと思うところまで教えていただきまして…。
 ジェラートピケ、早速調べてみたんですが、すみません、ポリエステルとか化学繊維のものはあまり得意じゃありません。すみません…。綿とか麻とかレーヨンとか、自然のものなら大丈夫ですし、大好物なのですがね。
 しかしこちらも転んではただではおきない。母がコープを頼むようになりまして、コープでも衣料を販売しているのはけっこうご存知の方も多いと思うんですが、そこで金魚柄のかわいいガーゼパジャマを見つけました。注文してもらい、届いたものを着てみたら、ゴムもちょうどよいゆるさでした。母ありがとう!
 そんな日々を過ごしております。暑い日が続くようになりましたが、夜くらいはせめて涼しく過ごしたいものですね。酒樂様もどうぞ熱中症にお気をつけてお過ごしください。

拍手

こんばんは。突然ですが、皆様は夜に寝るときはどんなパジャマを着ていますか?
 わたしは今のところ、普通に上下セットのパジャマを着ているのですが、たまに新しいパジャマが欲しいな~と思うことがあります。で、そのたびに買い物に行ったりネットで探したりするんですが、いざ着てみたらウエストのゴムがきついことがありまして…。そのため、上下セットのパジャマで好みのものを見つけても、いやこれはゴムがどうなんだろうなと思ってしまいます。
 そういうわけで、ウエストのゴムがきついかどうかを気にしないよう、ワンピースタイプのパジャマ(ネグリジェとも言いますが)を、今探しているのですが…なかなかお手ごろなものがorz
 いや、リネンのワンピースタイプのものは、見つけたには見つけたんですが、五ケタほどのお値段でして…いや、これでも安いほうなんでしょうけど…いやいや、ずっと使うことを考えたら、逆に安いのかも…いやしかし…と、どうしたもんかと悩んでいる今日この頃です。
 いっそ、パジャマ用に作られたものじゃなくて、パジャマにも使えるお手ごろで丈夫な素材のワンピースのほうを探してみたほうがいいかなあ。
 もしこんなのあるよーというものがありましたら、ぜひ教えて頂けるとうれしいです。

 以下は最近読んだものです。感想は後日にて。

 

 



 はいきゅーはいよいよ全国大会に入りますが、前日の夜の過ごし方がよかったです。特に月島君。なんだかんだで縁下君と月島君は同類の曲者な気がする。

拍手

 home   next 
  
  

   admin/write
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小月 静夜
性別:
非公開
趣味:
読書、物書き、落書き、猫と戯れること
自己紹介:
オリジナル小説サイト「小鳥は森に歌う」の管理人。
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by hx
忍者ブログ [PR]