忍者ブログ



みなさまこんにちは。お寒い日が続いておりますが、お元気でしょうか。ワイは幸い、今のところ、インフルにも風邪にもならず(ありがたや)、なんとか過ごしております。ただ朝、布団の中から出るのが嫌でしょうがないですわ…。特に金曜日の朝。ああ、今日も起きないといけないとか、今日からお休みならええのにとか、駄目人間ですね。
 あと、ちょっと変わったこともあります。実は去年の後半ぐらいから、なんか目が痛くなるのが増えたなーと違和感がありまして。特に高速道路を通ってお出かけに行く時(田舎なのでイオンとか大きな本屋とかはちょっと遠いところにあります)なんかは、帰った後によく目に違和感を覚えるようになりました。特に今週に入ってからは、目が痛いなとよく感じるようになりまして、これはまずいな、と、土曜日に病院に行った帰りに眼鏡屋さんに寄って目の状態を見て貰いました。案の定悪くなっておりました。なんてこった。というわけで、眼鏡のレンズを変えるついでにフレームも新しくすることに。お金が飛びましたが、目が痛いのが続くよりはいいやと思い切りました。一週間ほどで新しい眼鏡が届くそうで、待ち遠しいです。
 そういうことがあったので、物書きもちょっと控えようと思いまして、今週は読書状況だけあげておきます。ぱそこんを見るのもちょっとしんどいんだ…。仕事でもずっとぱそこん使うしなあ。



・「ハイキュー!! 30」古舘春一
 〝最強の挑戦者〟稲荷崎を相手に奮闘する烏野。均衡を破り、第一セットのセットポイントを得るが、一人調子の上がらない田中が狙われる。圧を増す角名《すな》のブロックに募りゆく焦燥感、かつてない苦境に田中は――?(あらすじ引用しました)
 三十巻突破、おめでとうございます! 作者もカバーの裏のコメントで、もう三十巻ですと書かれていますが、40巻とか50巻とか突破してもついていくと思います。ただ烏野のこのメンバーのままでいくとなると、この春高まで続くだろうから、春高が終わったら連載も終わるのかなと思うので、40巻はあっても50巻はないかなあ。
 巻数の話は置いておいて、30巻の内容は、前巻に続いて、対稲荷崎戦が描かれます。同時に、音駒の早流川《さるかわ》工業との試合も描かれていまして、音駒メンバーの奮闘も見られます。この試合の合間に、前夜に三年メンバーがちょっと話している場面があるんですが、実にそれぞれの性格がよく分かります。研磨が「レベル上げやる?」と、試合で負けた黒尾を気遣う回想もありまして、この回想の最初に音駒小学校との試合相手の名前もちょこっと出てくるんですが、根炭小学校とあったんですね。ねずみ? →ネズミ…→鼠! と気付きまして、猫相手だけにネズミときたかと。古舘先生のセンスがもう素晴らしいと思いました。
 ちょっとずれましたが、音駒と早流川の試合で、やる気があんまりない研磨が踏ん張ります。ここで読みながらちょっと怖いと思ったのは、早流川の思惑――セッターである研磨を走らせることに、観客である戸美高校の元キャプテンの優も気付くんですが、音駒はそれより前に気付いていて、更なる作戦をぶちこんできていたことです。いつから? と、早流川も疑心を抱くようになるんですが、いやあ、音駒怖い。そんなこんなで、音駒はなんとか早流川との試合に勝ちます。
 一方、烏野はブロックの完成が早くなってくる稲荷崎にちょっと苦戦し始めます。田中も狙われるようになって、傍で見ている烏養コーチや谷地マネージャーだけでなく、試合を見に来ている梟谷の木兎や赤葦、それに田中の幼馴染である叶歌《かのか》とその友達(名前が出ていないので分からない…古舘先生、そろそろ名前お願いします)も気を揉むようになります。しかし、そこは田中。帯に出ているように、「下を向いている暇はあるのか」と、減りかけたメンタルを持ち直します。すごい。合間に田中たち二年の入部初日のエピソードもあるんですが、この巻で一番印象に残ったのはこの初対面プロポーズ事件でした。すごいな田中…!
 しかし最後、稲荷崎のセッターはやっぱり好きになれないなと思う場面で終わりました。がんばれ西谷。これからも追いかけていきます。



・「宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト」辻村七子
 将来の進路を思い悩む正義の前に、ひとりの男が現れた。染野閑《しめの・ひさし》。正義の父親だ。家庭内暴力で正義の誕生後すぐに離婚していたのだが、金がなくなり正義を探し出して近付いて来たのだ。何度追い払っても執拗につきまとわれた正義は、リチャードに迷惑をかけるわけにはいかないと「エトランジェ」を辞めようとするのだが――?(あらすじ引用しました)
 帯には「第一部完結」とありましたが、このシリーズは完結したわけではなく、また続きがあるようです。本文を読めば分かると思うんですが、プロローグとエピローグの話が繋がっていて、ああこれはちょっと近い未来のリチャードと正義の話なんだな、と分かるようになっています。これを読んだら分かるんですが、正義、公務員にはなれなかったんですね。でもリチャードと一緒に仕事をしているのは相変わらずのようで、仲良しだなあと微笑ましくなります。
 さておいて、話は、お客さんのお話と、正義の好きな人である谷本さんのお話と、最後に正義の実の父親の話になります。谷本さんのお話にはパライバ・トルマリンという宝石が出てくるのですが、この宝石を巡って、小学生の頃にトラブルがあったのだと谷本さんがリチャードと正義に話します。その話を読みながら、いやそこまで勘繰るのもどうだろうと思ってしまいました。ただ最後の方で、リチャードから思わぬ提案を受けたので、谷本さんの小学生の頃の友人も何とかなりそうでよかったです。人間関係って難しいなあとつくづく思いました。
 最後の話で正義が実の父親と対決するのですが、いやあほんと、この父親、もうどうしようもないですね。これまでも正義は実の父親についてどうしようもないと何度かこぼしていましたが、まさにその通りで、実の息子に無心しようとします。あらすじにもある通り、正義はリチャードに迷惑がかかる前にと、エトランジェを辞めようとするのですが、そんな正義の異変をリチャードが見逃すはずもなく、意外な助っ人も呼んで正義の父親に対応します。いやあ、このくだりが一番良かった(笑)。正義の反応がもう素晴らしかったです。「俺、どこかで死んだのかな」とかね。結果としてなんとかおさまったのでよかったです。
 ひとまずここで宝石商シリーズは一区切りつくようですが、この作者さん、今月にまた新しく本を出されるそうで、いつの間に書いてたのとびっくりしました。もしかするとシリーズと並行して少しずつ書かれていたのかな? なんにせよ、この作者さんはデビュー作から個人的には外れがないので、楽しみです。はよ出ないかな。



・「アリスマ王の愛した魔物」小川一水
 弱小なディメ王国の醜悪な第六王子アリスマは、その類まれなる計算能力によって頭角を現していくが――森羅万象を計算し尽くす夢に取り憑かれた王を描き、星雲章を受章した表題作、英語版アンソロジー初出の宇宙SF「ゴールデンブレッド」、なぜか自律運転車に乗せられる人型ロボット、アサカさんを通して、AIの権利を考察する書き下ろし「リグ・ライト――機械が愛する権利について」ほか全5編を収録の最新作品集。(あらすじ引用しました)
 これは行きつけの本屋さんで、文庫の新刊コーナーにあったのを見つけたので買いました。以前にこの作者さんの本を何冊か読んだことがあるのもあります。
 いやあ、これはなかなか興味深かったです。楽しめたのは「星のみなとのオペレーター」というお話で、この話には宇宙船が停まるための港のオペレーターをつとめる女性の主人公が出てくるのですが、その主人公がある日、不思議な物体に出会います。ロボットみたいなんですが、これが実は小さな体の下にすごく大きな本体を隠していたことがわかります。ただ出会った当初は主人公はそのことをまだ知らないので、コーンみたいなその物体を「コンちゃん」と呼ぶようになります。ある日、ウニ襲来という事件が起きるのですが(これはちょっと説明するのがややこしいので本文で確認してください)、それをコンちゃんと主人公が解決することになり、ついでに主人公の恋愛もどさくさにまぎれて成就するというちょっと笑えるお話にもなっていると思います。
 タイトルにもなっている「アリスマ王の愛した魔物」なのですが、これはある人物が昔話を話すみたいな形で話が進んでいきます。計算で国を支配したり他の国を滅ぼしたりするって、果たして可能なのかなと思いますが、何より気になったのは、この話を話したのが誰なのかということです。計算で国を支配し、かつて見合いで自分を振った他国の王女への復讐を果たした王様も怖いですが、王様に計算ですべてを支配するようにと提言した魔物も怖いと思います。
 このふたつの話も含め、この本におさめられているお話はどれも男の人が好きそうなものだと思うので、男の人にはお勧めかと思います。短編集なので、旅行などの飛行機に乗っているとかの時間を潰すのにもいいかもしれません。

 あとは梨沙さんの新作もぱらぱらと読んだのですが、なんていうか…すごくドロドロの要素がこれでもかと詰め込まれているので、ちょっと合いませんでした。続きが出ても読まないかなあ。ドロドロが好きな方にはたまらないかもしれません。

拍手

PR
こんにちは。1月18日の朝に幻想的な写真が撮れたので載せます。サムネイルなので、クリックしてぜひ大きな写真で見てください。



 雲がハートの形になってる! ということで思わず撮ってしまいました(見つけたのは父です)。ハートはふたつあって、小さいほうのハート(左下のほうにあります)のくびれのところに、うっすらと虹がかかっていたのです。写真ではわからなくなっていますが…しょんぼり。
 これはすごい写真が撮れたぞと思っていたら、その日の夕方のローカルニュースで、ロケットの打ち上げがあったので、そのロケットから出た煙がこうなったという内容が報じられていました。なんだかしょんぼりしました。でもロケットの打ち上げと澄んだ空気とか、いろんな条件がなかったら見られなかったかもしれないので、いいかなあ。

 寒い日が続いていますが、みなさん無事に過ごしておりますでしょうか。インフルエンザがすげえ猛威をふるっているそうなので、ほんとに気をつけてください。ワイは加湿器と着込みとコタツでなんとかがんばっています。春よこい…
 あ、着込みといえば、去年着ていたセーターを引っ張り出してみたら、あれ、去年は袖を巻き返さないといけなかったのに、今年は大丈夫だ…ということがありました。毎日眠気覚ましのためにカフェを飲んでいるので、その牛乳効果でちょっと伸びたのかしら…。この年になってもまだ背が伸びるのは喜ぶべきかどうか…。できれば中学生か高校生のときにもっと伸びたかったなあ。
 そんな日々を過ごしております。

拍手

こんにちは。みなさまいかがお過ごしでしょうか。今年の冬休みはお寒うございましたな…。今日も犬の散歩に行って来たんですが、人にはあんまり会いませんでした。曇りなのと風が冷たくて寒かったですからねえ。
 これからもまだ寒い日が続くみたいなので、わいも身体に気をつけたいと思います。あと火事。痛ましい事故もニュースで聞くので、暖房にはよく気をつけたいものです。

 では以下、読書状況です。



・「ロボット・イン・ザ・ハウス」デボラ・インストール
 AIが活躍する近未来のイギリス。ベン友と妻エイミーに女の子ボニーが生まれて九ヶ月。二人は微妙な関係のまま、タングとボニーの両親として暮らしていた。お兄ちゃんになったタングは、妹のお世話をしようと大奮闘。喜んだりやきもちを焼いたりとてんやわんや。そんなある日、庭にまた一体のロボットが……。人間とロボットの絆を描く、面倒臭くも愛おしい家族の物語。(あらすじ引用しました)
 「ロボット・イン・ザ・ガーデン」の続編です。「ロボット・イン・ザ・ガーデン」、行きつけの本屋さんにも入荷されていたので、相当評判になっているんだなあと嬉しくなりました。ただ、なぜかその続編が入荷されていないのがちょっと残念でした…。最近できた新しい本屋さんの方には入荷されていたんですけどね。
 そんなわいの行きつけの本屋さんの事情は置いておいて、こちらも楽しめました。あらすじにもある通り、ベンとエイミーの暮らす家の庭にまた一体のロボットが現れます。このロボットはタングとは違い、女の子の設定になっています。ジャスミンと、最初から名前がつけられているのも、タングとは違う点ですね。
 このジャスミンを誰が作ったのか、何の目的でベンとエイミーのところに向かったのか、どちらも、ジャスミンを見つけたエイミーに頼まれたベンが話しに行ったので、ここで明らかになります。タングを作った人物――ボリンジャーによって作られ、タングを取り返すために来たというのですが、当然ながら、ベンもエイミーも拒否します。
 そのうちになんだかんだで(タングがあれこれと騒動を起こすので)、自然とジャスミンは庭から家の中に入るようになり、ベンやエイミー、ボニー、とりわけタングと一緒に過ごすことを好むようになります。彼らと一緒に過ごすことで、彼らを脅かそうとするボリンジャーの命令を聞けなくなるというジャスミンの葛藤も書かれていて、ロボットなのに人間味を感じられてたまりませんでした。かわいいよジャスミン。
 最後にはとうとう痺れを切らしたボリンジャーが乗り込んできますが、これまた当然ながら、ベンとエイミー、彼らの知り合いでありボリンジャーと同じ職場仲間だった(そしてボリンジャーの異常な性格をよく知っている)カトウの加勢もあり、ボリンジャーは逮捕され、裁判にかけられることになりました。因果応報という奴ですね。
 もっと彼らのことを読みたい気もしますが(たとえば、ボニーが大きくなってロボットを作る博士になる未来とか)、そもそもこのお話も出る予定はなかったそうなので、この作者が書かれる別の作品がまた出たら読んでみたいです。



・「ハイキュー!! 28」古舘春一
 春高初戦で勝利を収めた烏野排球部。続く音駒、梟谷の試合を見届けた日向はユース候補選手・鴎台の星海と出会う。〝小さな巨人〟と呼ばれる星海の活躍に日向は? シード校も参戦、波乱の二日目が始まる。(あらすじ引用しました)
 もう本当に感想が遅くなってすみません。寒くなると人間って動きたくなくなるもんですね…。いや、それは他の動物にも言えることか…。
 最初の勝利をおさめた烏野高校ですが、その分、二日目からの試合は厳しくなるんだなというのが、彼らの過ごす夜の様子から伝わってきます。ただ、体育館から宿に帰ってから、すぐに田中の昔の知り合いである新山女子高校の一人に声をかけられてからの、田中を始めとする二年のうろたえぶりがよかったです。「脈ありってやつだな…」と、意味深にうそぶく縁下のクールさよ。
 あとは、烏養コーチと、前監督である烏養コーチの祖父が、宮城代表決定戦の後に酒を飲みあう場面があるんですが、コーチに「楽しみに待ってろよ」と言われた後のおじいちゃんの顔がよかったです。ええ顔や~。
 後半ではいよいよ二試合目、稲荷崎高校との試合が始まりますが、ここで決めた速攻の後で、日向と影山がびしっと決めながらも、その内心ではドキドキしている様子が描かれているのがすごくよかったです(笑)。個人的には、ここで日向に「エッ」と反応していた、大耳君がもうすこし喋るところを見たいところ。あんまりしゃべらないのかしら。



・「ハイキュー!! 29」古舘春一
 冴子姐さんの応援も加わり、白熱する対稲荷崎戦。高校ナンバーワンセッターと名高い宮侑は西谷をサーブで苦しめるばかりか、双子の治と〝変人速攻〟を決め、日向達を凌駕する。インターハイ2位「最強の挑戦者」を超える策は?(あらすじ引用しました)
 前巻に引き続き、対稲荷崎戦が描かれています。日向のレシーブとか(まだ手で捕まえられませんが)、影山の落ち着いたトスとか、月島のブロックに最高到達点が更に伸びたスパイクとか、山口のサーブとか、色んな選手の成長ぶりが見られます。
 1セットも終盤に差し掛かった辺りで、東峰が何かやろうとしてちょっと失敗しますが、ここで東峰に何をやろうとしていたのかに気付いたのは、梟谷の木兎だけでした。わたしも読んでいて、もしかして木兎が合宿でもやっていた、超インナーへのスパイクをやろうとしていたのかな? と思いました。ボールをうとうとしていた右腕というか、右肩周りの筋肉に力を入れていましたしね。近いうちに東峰の超インナーへのスパイクが見られるのかなと楽しみになります。
 この春高では、試合に臨んでいる各校の部員達がメインなんですが、試合を応援しに来ている関係者や、見に来ている観客の反応もそれぞれ細かく描かれています。烏野高校の初戦を見に来ていたカップルや、音駒高校と試合して負けた戸美のキャプテンだった大将がよりを戻した彼女と一緒に来て見ていて、もう誰が主役でもおかしくなくなってきています。よくここまで細かく描かれるなあ、と、作者に脱帽すると同時に、解説者の細かい解説にも手を抜かないところとか、もうバレー愛が半端ないと思います。
 これからも追いかけていきます。

 以下、拍手返事です。

>酒樂様
 あけましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。
 「ラストレシピ」に夢中のようでよかったです。最初のほうになかなかうまく入れなかったので…映画のほうを見てみようかなと思っています。
 今年ももちろん、のんびりマイペースで読書していきますよ。でも面白い本がたくさん出るかどうか…。出版社の方々にがんばっていただきたいところです。
 お身体にお気をつけてお過ごしください。またのお越しをお待ちしております。

拍手

あけましておめでとうございます。今年もどうぞ「小鳥は森に歌う」をよろしくお願いいたします。今年が皆様にとってよいお年になりますように。

 今年の目標は、「大魔女の秘密」を完結させることでしょうか。長編にはならないかなと思っていたら、書いているうちにあれもこれも詰めないとまとまらないや、と、長くなってしまいました。まあ、本にはおさまらない長さでも、長さに制限のないサイトなら好きなだけ書けるのも小説サイトのいいところだと思います。うむ。

 去年は災害の多い年でしたが、今年はあんまり少ない年でありますように。

拍手



 「大魔女の秘密」、次とその次の話を詰めているうちに、ハイキューの新刊が出てしまいました。ファンとしてはうれしいけど、読書状況に遅れてしまうという…あいた。次の読書状況に二巻分まとめて感想をあげます。
 あとこちらも買いました。ハリポタ。



 この文庫の全巻を買いました。実はわい、高校生のときに炎のゴブレットを読んでからは、続きを読んでいないんです。あれ、なんだか雰囲気変わったぞ、というのと、何を考えているのかわからなくてついていけないというのと、このふたつが大きかったです。なんだか雰囲気が変わったぞと思ったのも、今にして思えば無理もないというか、あまぞんで久しぶりに検索してみたら、ホラー・ファンタジーに分類されていましたからね…。ホラー…わいが一番嫌いなジャンルですわ…。
 でも今はテレビで放送された最後の話の映画で、最後にはどうなるか知ったので、細かいところとか知りたいな~と、最初から最後まで読み込んでみようと思ったしだいです。昔は嫌いなキャラだったスネイプですが、最後の話の映画の中で、不器用ながらも彼なりにハリーを守ろうとしていたこととか、ハリーが最後には死なないといけないことをどうしても直接伝えられなくて、記憶の魔法の中でしか伝えられなかったこととか、あれこれやわかると、それまでのあれこれが可愛く見えてきました。でもやっぱり一番好きなのはマクゴナガル先生ですね。あんなかっこいいおばあさんになってみたいです。なれない可能性のほうが高いですけども。

拍手

 back   home   next 
  
  

   admin/write
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小月 静夜
性別:
非公開
趣味:
読書、物書き、落書き、猫と戯れること
自己紹介:
オリジナル小説サイト「小鳥は森に歌う」の管理人。
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by hx
忍者ブログ [PR]