忍者ブログ



 今週はこちらの都合で更新ができませんでしたので、そのかわり、こちらで色々と。
 以前、エイプリルフールでうちの猫を紹介しましたが、その猫がやってくれました。
 その前に、うちの猫のことを知らないよという方のためにご紹介。



 これがウチの猫の一匹(我が家には四匹猫がいます)、男の子のムクです。名付け親は母で、育てたのも母です。そのため、この子が懐いているのも母だけという。おかげで母以外の人が抱っこしたり撫でようとしたりすると「シャー!」と威嚇されて全力で嫌がられます。
 ただ、この子、少し前に数日間家出(?)したことがあって、その間に何かあったのか、最近は母以外の人が撫でたりしてもあんまり怒らなくなりました。一体何があったの……。

 さてさて、そんな子が仕出かした証拠の写真がこちら。



 昨日の夕食時の光景です。食事の時は、いつも、というわけではないですが、たまに母の膝の上に乗って、かつお節や海苔なんかをおねだりします。この日は不満だったのか、もっとちょうだいと、ご覧の通り前足をずずずいと踏み出しました。……人間の領域に踏み過ぎだと思うんだ。

 もういっちょ。



 よく見ると目が薄く開いているのがお分かりでしょうか。本当は目を閉じて眠っているところを撮りたかったんですが、その時にちょっと音を立ててしまったので起きてしまった模様です。怖えよ!

 さて、ちょっと話は変わりますが、今日はCMの宣伝なんかで以前から気になっていたこちらへ行ってきました。



 王妃が使っていた豪華な椅子がいきなり展示の最初にでんと鎮座ましましていたのが物凄く印象に残りました。あんな豪華な椅子、どうやって手入れしていたんだろう……。
 椅子だけじゃなくて、他にも石で作られたマッサージ器とか、蓮の花が咲く仕組みのカラクリ時計とか、犬の洋服(!)とか、興味深いものが多かったです。あんな高価なものばかり使ってたんじゃ、結構色々と気を張り詰めていたんじゃないですかね、壊さないようにしなきゃとか。違うかしら。
 面白かったですが、お土産コーナーに昆虫をそのまんま閉じ込めた石(だったかな?)があったのはちょっと勘弁して欲しかった……。男の子だったら大喜びなんでしょうけどね……。ちなみにわたしは図録を買いました。この図録には、展示の中にあった絵巻の話もちょっとだけですけど収録されているので、わたしとしてはウハウハです(大学時代に中国文学を勉強していたくらい好きなので)。
 もっとこういうのを開催していただけたら嬉しいですが、どうですかね。どっちかというと田舎なのであんまりこういう大きな展示はなかなかないのが残念です。 

拍手

PR
 back   home   next 
  
  

   admin/write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小月 静夜
性別:
非公開
趣味:
読書、物書き、落書き、猫と戯れること
自己紹介:
オリジナル小説サイト「小鳥は森に歌う」の管理人。
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by hx
忍者ブログ [PR]