忍者ブログ



 ご無沙汰してます。こちらでは結構間が空いてしまってすみません、ちゃんと生きてます。
 今日は色々書きたいと思います。

 引っ越し、無事に終了いたしました。いやー、意外と早く終わるものなんですね。勿論荷造りがちゃんと終わっていればの話なんですが。それにしても、男の人がいるとこうも頼もしいのかと思います。将来結婚するとしたら男の子が一人は欲しいです。でも引っ越しが終わって部屋の片付けもあらかた終わったあとに、母に散々「荷物が多すぎる」と言われてしまいました。誰でも同じだと思うのですが……わたしだけでしょうか。いや、そんなことはない……はず……。

 引っ越しの間はネットどころかパソコンにも触れなかったのでどんなになってるかは分からなかったのですが、帰った後で確認してみたら、どうやらこのブログがサーバーのメンテナンスなんかで一時的に閲覧できなくなっていたようで、驚かれた方がいらしたみたいです。すみません。ユーザーには以前にメールでお知らせしていたようで、わたしは前もって知っていたので驚きはしませんでしたけれども……。
 そこでこのブログを閲覧してくださっている方に聞きたいのですが、今回のようにこのブログがサーバーのメンテナンスなどで一時的に閲覧できなくなるというようなことがあれば前もってお知らせしておいた方がいいのでしょうか? もし知らせて欲しいという方がいらしたら是非遠慮なく教えて下さいまし。こちらにはあまり顔を出しませんが、顔を出さないだけでパソコンには触ろうと思えば触れるので、知らせる時は知らせられます。

 さて、サイトの方では「ASC」を更新いたしました。記事のタイトルにあるとおり、この話もとうとう100話を突破しました。まさかこんなに続くとは。まさか100話までいくとは。管理人ですら驚きです。書いているうちにどこまで書くかは大体決まって来たのですが、100話まで行くかどうかはわからなかったのですよ。これもひとえにこの話を読んでくださっている皆様の御陰です、有り難うございます。
 もう暫く続きますので、もう少しお付き合い頂ければ幸いです。

  

  

  

 

 読書状況です。結構読みました。
 全部の詳しい感想をのっけるのはちょっと無理なので、簡単に。
 「デュララ/ラ!!」は「バッ/カーノ!」と同作者が書かれたお話です。現代小説ですが、ちょっとファンタジックです。首無しや日本刀を身の内に秘める少女なんかが出てくるので。宣伝にあるように歪んだ人達のお話ですが、その歪みがこの話の面白さなのかなと。わたしとしては静雄兄さんが好みです。くそう、やっぱりかっこいい男の人を書くのは男の人じゃないと無理なんだろうかと読みながら思いました。あ、ちなみに七巻はネット書店にも行きつけの書店にも入荷されていないようなので、入荷次第買おうと思ってます。
 「キ/ケン」は大学生の野郎どもが繰り広げる青春時代を描いたお話です。目茶苦茶な人が出てきますが、まともな人もいるのでその点は安心していいと思います。ある意味「ASC」に似てますが、こちらは「ASC」とは違って、女の子が混ざるようなことはないです。男の人達だけで青春時代を突っ走ります。青春っていいなぁと思わせるお話なので、青春者がお好きな方は読んで損はないかと。
 青春ものといえば、「武士/道~」も同じですね。剣道を学ぶ、正反対の性格の女の子が同じ高校に入って――というところから話は始まります。一話ごと、それぞれ女の子の視点で進められます。ただわたしは、登場人物の誰かに感情移入して読むのではなく、あくまでも読者として離れたところで読むようになったからか、ギラギラした方の女の子にはちょっとついていけませんでした(苦笑)。でも納得できる形の終わり方だったので、その点はよかったです。
 「陽/気なギャ/ング~」は強盗ものですね。嘘発見器男、無駄にお喋りな男、体内時計女、天才的スリ師男の四人組が互いに手を組んで銀行強盗をやるお話です(良い子の皆様は真似なさらないで下さい)。正直に言ってここ最近読んだ本の中で一番ツボにはまりました。この作者の本の中にはあれ? と思うようなものもあるのですが、このシリーズは(といってもまだ二作なのですが)ドンピシャでした。脚本かと思うほどに会話が多いですが、それを上回るテンポのよさでするすると読み進められます。 納得できる展開・結末ですので、そういうお話をお求めの方にはぴったりかと思われます。

 拍手を押して下さった方、レス不要のメッセージを下さった方、有り難うございます。励みになります。
 よく本のあとがきなどで「頂いたお手紙はとても励みになります」などとあるのを見かけるのですが、あれって本当だなあとしみじみ思います。だってわたし自身もたくさん元気を貰っていますから。本当に有り難うございます。わたしも面白い作品を見つけたら面白かったですってだけでもメッセージを送ろうと思うようになりました。
 返事をするのは全然苦ではないので、レス不要とメッセージを下さった方、宜しければ次からはレス不要となさらなくてもオッケーです。寧ろさせてください……!

 こほん。えーと、次からの更新は新しいお話になると思います。王子様的な男の人がお姫様的な女の子を助けるという王道的なお話ですが、ぽんと頭に浮かんで来たので書きたくて仕方ないのです。そんな使い古されたネタのお話なんて! といわれても書きます。
 なので今連載している作品はちょっとお休みになるかもしれません。すみません。

拍手

PR
 back   home   next 
  
  

   admin/write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 15 16
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小月 静夜
性別:
非公開
趣味:
読書、物書き、落書き、猫と戯れること
自己紹介:
オリジナル小説サイト「小鳥は森に歌う」の管理人。
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by hx
忍者ブログ [PR]