忍者ブログ





「ハイキュー!!」古舘春一
 おれは飛べる! バレーボールに魅せられ、中学最初で最後の公式戦に臨んだ日向翔陽。だが、「コート上の王様」と異名を取る天才選手・影山に惨敗してしまう。リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩く日向だが?(あらすじ引用しました)
 これは一番上の姉がアニメを見ていたので、そんな姉から「面白いよー」と聞いたのがきっかけです。最近読み応えのある作品になかなか出会えないなあ、と思ったので、試しに一巻買って読んでみました。
 そしたらもう…何なの、あれは…。最初の一話にしてグッと引き込まれちゃったよ…。好みの絵だけれども、だからといって面白いかというと、そうじゃない作品もあるんですが、これはどんぴしゃでした。絵もストーリーもキャラもしっかりしてます。一巻で何にやられたかというと、この作品を知ってる方ならあれだと断言できると思うんですが、中学で最初で最後の試合に出た日向(ひなた)が影山のいるチームと対決しているときの、「それは ほんの 一瞬き」というあの場面です。あれでグッと心を掴まれた読者が多いとわたしは見ている…(わたしもその一人なんですが)。
 でもこれを読んだのは確か土曜日で、土日はサイトのほうの更新をしたいと思っていたので、日曜日は続きを買いに行きたい(のと読みたい)のをグッと我慢して、月曜日に仕事帰りに行きつけの書店まで行って、新刊まで大人買いしました。いやあ、大人買いしたのは「電撃デイジー」以来かな? すごく久しぶりでしたねえ。
 続きもめっちゃ面白かったです。スポーツ漫画なら、今連載しているものだと「黒子のバスケ」「テニスの王子様」がありますが、あれはちょっと人の次元を越えちゃっているのでね…(苦笑)。その点で言えば、この作品は、人間離れしているということは一切ないです。潜在能力はすごいんだけれども、それを引き出してくれる存在と出会えなかった、そんな二人が出会って、初めてお互いのすごさを知って、もっと高みに行こうとする、そんな話です。もちろん、同じチームとして戦う仲間もそれぞれ個性がありますし、敵として、あるいは好敵手として出会っていく他校の高校生たちもそりゃもう愉快な子達です。いいなあ、青春ですなあ。
 試合の場面もしっかり描かれていて、両校の作戦やら駆け引きやらが見られます。一話で見た、日向のあのすごい動きも、話が進むにつれてだんだん磨かれていく様子がもう。他の子たちの成長もまぶしい。しかし男子高校生ならではのちょっとお馬鹿な一面も抜かりなく描かれています。さすが先生…!
 同じように「進撃の巨人」もプッシュされているようですが(書店でも山積みされています)、設定があれなので、どんなに面白そうでも絶対に読みたくねえと思います。ああいうえぐそうな作品はちょっとなあ…。なので、個人的にはこの「ハイキュー!!」のような、すがすがしい作品がもっと掘り出されて、プッシュされるようになってほしいなあと思います。
 この一週間でもう何度か読み返しているくらいに面白いので、興味があればぜひ。下に新刊の12巻までのあまぞんりんくを貼っておきます(あまぞんはたまに在庫切れになることがありますが、今はぜんぶ在庫があるようです)。









 では以下、拍手返事です。

>AKB86さんへ
 お久しぶりです。コメント有難うございます。
 「アナと雪の女王」をご覧になったそうで、確かにうーん? と首を傾げてしまうところはありましたね。わたしだけじゃなくてちょっとほっとしました。作品を作ることの難しさって、映画でも小説でも漫画でも同じだと思うんですよ。自分はこれが面白いと思っても、他の人にはそんなに…ということもありますし。面白いと思ってくれる人がいるという可能性はあるので、いろんな作品が作られるんだと思います。「進撃の巨人」もそうですし(怖くて手が出せない…)。
 ちょっと語ってしまいましたね。ではまたのお越しをお待ちしています。

拍手

PR
 back   home   next 
  
  

   admin/write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 15 16
17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小月 静夜
性別:
非公開
趣味:
読書、物書き、落書き、猫と戯れること
自己紹介:
オリジナル小説サイト「小鳥は森に歌う」の管理人。
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by hx
忍者ブログ [PR]