忍者ブログ




 わたしが読んで追いかけている作品はけっこうかあるんですが、その中のいくつかがもうすぐ終わりそうなんですね。「月光謳歌」をやっとまた書き始めたのもそれに影響されてます。「テガミバチ」、漫画の「天地明察」、「ダメな私に恋してください」など。「銀魂」も、もしかしたら? と思うような展開になってますしね。「銀魂」は、レビューを見てみたら、作者さんがまだ終わらないよというようなことをおっしゃっていたというものがありましたが、それでもどうなるんだろうとはらはらします。
 うう、楽しみが少なくなっていくなあ……。でも「暗殺教室」や「ハイキュー!!」など、まだこれからが楽しみな作品もあるので、そっちを心の支えにいたします。
 長くなってすみません。では今日の読書状況をどうぞ。今日は「グレイヴディッガー」でござんす。



・「グレイヴディッガー」高野和明
 改心した悪党・八神は、骨髄ドナーとなって他人の命を救おうとしていた。だが移植を目前にして連続猟奇殺人事件が発生、巻き込まれた八神は白血病患者を救うべく、命がけの逃走を開始した。首都全域で繰り広げられる決死の追跡劇。謎の殺戮者、墓掘人(グレイヴディッガー)の正体は?(あらすじ引用しました)
 これはたまに本の貸し借りをしている、わたしの職場の室長から譲り受けたものです。たくさんの本を売るなどして片付けているようで、面白かったらあげるよといただきました。ありがとうございます。
 この本の作者は、「ジェノサイド」で話題になったので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。読んでみようと単行本を買ったのですが、母が「怖かった」と言っていたので、本棚にさしっぱなしになっているという…。ダメですね。
 この本はというと、濡れ衣を着せられそうになって逃げるというお話です。しかもこの逃げる主人公、悪者面しているくせに、白血病の患者を助けようとドナーになっているというね。ギャップ。自分だけでなく、白血病の患者さんの命も背負っているので、そりゃ必死に逃げますね。
 八神さんが巻き込まれたこの事件、けっこういろんなものが絡んでいるんですね。それらの事情は次第に明らかになっていくんですが、しかし、警察ってこんなにどろどろしたところなんだろうか…と、読んでいてちょっと嫌になります。辞めていく刑事さんがいるのも無理もないんじゃないだろうか。
 でも、そんな警察の中でも、八神さんと知り合いで、それゆえに八神さんを知っている刑事さんがいて、その人はどうにか八神さんを助けられないかと手をうとうとします。まあ、それでも、八神さんは捕まるわけには行かないのですが、こういう人情に厚い刑事さんもいるかもしれないと思うと、ほろりときますね。
 ただ、この本でついていけなかったところもあります。東京にお住まいの方だったらついていけるのかもしれませんが、話の中には、新幹線のレールやら電車の線路やらが出てくるんです。説明はちゃんとされるんですが、どういうふうに入り組んでるんだ? と、東京には修学旅行でしか行ったことのないわたしには、残念ながら、想像ができませんでした…。
 最後のほうで、一連の事件の犯人と、八神さんを追いかけていた黒幕が明らかになります。このふたつは同一人物ではなく、それぞれ全く別の思惑でもって動いていたんですね。そういうことかと納得すると同時に、八神さんを追いかけていた人物に虫唾が走りました。これだから権力者ってのァ…
 ちょっと愚痴になりましたが、八神さんはちゃんと最後まで逃げ切って、彼を助けようとしていた刑事さんとも無事に再会するので、嫌な結末が嫌な方も安心して読めます。

 では以下、拍手返事です。遅くなってすみません。


>AKB85さま
 お久しぶりです。こちらこそ、ブログでは無精者ですみません。
 わんぴーすは今日早速着たのですが、サンダルのほうはなかなか。九州では台風が来ているということもあって、せっかく七月になっても雨ばっかりでなかなかお日様が拝めません。東のほうはけっこう真夏日が続いていると思いますが、大丈夫でしょうか? 熱中症にはお気をつけてくださいね。
 読んだ本もけっこうあるのですが、先日や今日のように一回一冊ずつ紹介しようと思います。そのほうが手間も省けると、最近気づいたので。もっと早く気づこうぜって話ですね。よろしければ本を買うときなどの参考になさってください。
 ではまた遊びにいらしてくださいね。 

拍手

PR
 back   home   next 
  
  

   admin/write
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小月 静夜
性別:
非公開
趣味:
読書、物書き、落書き、猫と戯れること
自己紹介:
オリジナル小説サイト「小鳥は森に歌う」の管理人。
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by hx
忍者ブログ [PR]