忍者ブログ



昨日、台所にあるテーブルで「月光謳歌」を書いていたら、我が家に新しくやってきた、元飼い猫のカブキ(目の周りに黒いふちがあるので歌舞伎役者みたいに見えるため。ちなみにおんなのこ)が、わたしの後ろでなにやら咳き込み始めまして。詳しくは見てもらっていないのですが、おなかのどっかが調子が悪いところがあるようで、たまに咳き込みます。このときもその発作かなと思ったのですが、しばらくしたら何か黒い塊を吐き出したじゃありませんか。そしてその黒い塊はぴたりと必死にわたしの足の裏に。なめて飲み込んだ毛の固まりかと思いきや、親指の長さ・大きさの虫でした。しかもまだ生きているという。リアルに「!!!!????!?!?!?」となりました、マジで。
 慌てて母の寝室の窓(一番近かった。ちなみに母は母方の祖母の家から引き取ってきたおばあちゃん犬と一緒に昼寝してました。申し訳ない)にばったんばったんと片足で跳びながら向かって、窓を開けて、虫に張り付かれた足をぶんぶんと振ってはがし逃がしました。昼寝していた母に「うるさいわー」と小言を食らいましたが、虫に張り付かれたらそんなこと仰れなくなりますよ。
 虫を外に出した後、くだんのカブキに虫は食べるもんじゃないと説教しておきましたが、どうなんでしょう。わかってくれたのだろうか。あの虫を吐き出した苦しさと気持ち悪さで懲りたと思いたい。
 そんな日々を送っております。

 では以下、読書状況です。やっと暗殺教室いけた…



・「暗殺教室 15」松井優征
 シロをして「怪物」と言わしめる希代の殺し屋が遂に目を覚ます。殺せんせーを追い詰める凄まじい力、そしてその驚愕の正体。E組をかつてない嵐が襲う。(あらすじ引用しました)
 わんぴーすと一緒に発売されていたのに、紹介するのがすげえ遅くなりました。
 この本では、理事長の過去と、演劇発表会と、まさかの展開の話がおさめられています。わたしはじゃんぷで立ち読みしていたので、この巻が出る前にとっくに内容を知っていたのですが、やっぱり、E組の前の担任だった雪村先生と、殺せんせーはつながりがあったんだなあと思いました。あまぞんのレビューでも驚いたという感想が多いですが、個人的には、殺せんせーがけっこうつらい過去を持っていたのが驚きで、しんみりしました。
 ネタバレしてしまいますが、演劇発表会の後に、まさかのことをしでかすのは、茅野さんです。カルマ君や杉野君と同様に、渚君と仲良しの子なのですが、それも茅野さんにとっては、演技のひとつに過ぎなかったのだということが明かされます。でもそのうちに、クラスの子達ともほんとになじんだところもあったんだろうなあ、と思います。だからこその「もう演技しなくてもいいんだ」という台詞も出たのでしょうしね。
 しかし、まさか、茅野さんの暴走を止めるために渚君がとった方法があれだったとは。中村さんが「王子様~」とからかいたくなるのも無理はないわ。それは予想できんかった。たまにこういう予想不能の要素をぶち込んでくるのも暗殺教室の魅力なんでしょうね。
 茅野さんの暴走を止めた後、殺せんせーは、やっとというか、とうとうというか、ついに今まで頑なに語ろうとしなかった過去を明かします。そして、自分の正体についても。いやまさか、正体がそんなだったとは、これも予想できませんでした。縁がなかったら、教師なんていう職業とも無縁のままだったんでしょうね。
 このあとに続く殺せんせーの過去も、じゃんぷで読んでいたので、もう知っているのですが、どうにか殺せんせーが助かる方向にいってほしいです。弱いなら弱いなりの方法があるって、殺せんせーも教えてましたしね。E組の子達にがんばってほしい。
 これからもそわそわと追いかけていきます。

 ここから拍手返事です。

>AKB85さんへ
 こんばんは、いらっしゃいませ。読書状況は一気にたくさんをアップというより、少しずつやったほうが執筆の時間もとれると思ったのですが…何せ、無精者なもんで…気力と時間があるときにしか顔を出せませんが、こんなかたつむりでも楽しんでいただけたら幸いです。
 父のいびきについても、ご心配頂き、ありがとうございます。幸い、父は今のところ、おかしいと思うような状況は出ていないです。いびきは単純に癖と言うか、体質というか。まあ病気では絶対ないですね。でも年なので、気をつけるように言ってはいます。
 ムカデは絶対あきませんね。我が家では、最近は、夏だからなのか何なのかわかりませんが、クモが大人も子供もそろってかさかさ出現してきやがります。すげえ嫌です。何とかならんものかと頭を悩ませている今日この頃です…
 では、すげえ暑い日が続いておりますので、水分補給をしっかりなさってお過ごしください。またのお越しをお待ちしております。

拍手

PR
 back   home   next 
  
  

   admin/write
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小月 静夜
性別:
非公開
趣味:
読書、物書き、落書き、猫と戯れること
自己紹介:
オリジナル小説サイト「小鳥は森に歌う」の管理人。
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by hx
忍者ブログ [PR]