忍者ブログ




母親は強い
2017.05.03
こんにちは。黄金週間ですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 ワイは明後日から福岡へ一泊二日の旅行に行ってきます。
 その前に読書状況をば。



・「ONE PIECE 85」尾田栄一郎
 マムに拘束されてしまったルフィとナミ。サンジ奪還に向け暗雲立ち込める中、政略結婚に隠された衝撃の真実が明らかに。追い詰められたサンジに募る思いは…。(あらすじ引用しました)
 前巻の感想でちょこっと触れたと思うんですが、サンジは実の母親からは紛れもない愛情を受けていたのだということが知れました。その理由がこの巻で明らかになります。それにしてもサンジのお父さん、いやもうクソ親父でいいかな。この人の考えることがえげつなさすぎます。自分の子供ですら戦争に勝つための道具にしようとは。サンジのお母さんと結婚する時は、まだどっかいいところが辛うじてあったのかな? 戦争に負けてから、このクソ親父は大事なものを全部捨てちまったんでしょうかね。
 そんなクソ親父はともかく、昔も何かと助けてくれた姉のレイジュによって、母が命懸けで守って生まれたのが自分だということをサンジは知ります。それと、爆弾つきのブレスレットがただのブレスレットにすり替えられていたことも。レイジュに「麦わら達と一緒に逃げなさい」と説得されますが、サンジの判断は、ルフィと再会したことで、やっとというか、ようやくというか、固まります。
 一方、マムによって罠にはめられたルフィとナミは、ジンベエによって助けられ、ばらばらになっていた仲間(チョッパー、ブルック、キャロット、ペドロ)と合流します。ここでまたしても結婚式に隠された陰謀が明らかになります。類は友を呼ぶな! と物凄く思いました。
 ただ、やっとサンジと再会したルフィは、鏡の中にいる仲間たちと連絡を取るのですが、ここでジンベエは思わぬ提案をします。敵になるかもしれない相手と手を組むというのもありだよなとわたしは思います。むしろ、今まで――いや、ドレスローザはちょっと違うか? ――自分達だけで敵を倒すというやり方だったので、ずーっとそれで通して来たのがすごいというかね。
 ともかく、やっとサンジがルフィ達と一緒にいられるようになってよかったです。いや、まだ帰ると決まったわけではないんですけどね。この巻で一番グッときたのは、ルフィとサンジがやっと再会して、「帰ろう」と言うルフィに、「帰れない」と三つの理由をあげたサンジに、「本心を言えよ!」と叫んだルフィです。おお……ルフィ……。その後に見せた笑顔も眩しかった。
 これからやっとマムと対決するわけですが、期待通りになってくれることを期待してます。



・「鍵屋甘味処改4 夏色子猫と和菓子乙女」梨沙
 今更淀川と裕雨子の関係が気になってしまうこずえ。折悪しくテストの時期になり、しばらく鍵屋への出入りを禁じられてしまう。そんなある日、こずえが通う高校で鍵が絡んだ事件が起きる。淀川の御蔭で事件が解決し、テストも終わり、鍵屋への出入りも解禁になった――のに、なぜか淀川がこずえに対してよそよそしい。そこへ、裕雨子を狙うストーカーが現れて…?(あらすじ引用しました)
 最初に正直にぶっちゃけます。このシリーズの3巻は読んでいません。すみません、あまぞんで3巻のレビューを見てみたら、あれ…と思うような評価でして…。でもこずえと淀川さんの関係がどうなったか気になる! ということで、邪道ですが、飛ばして読むことにしました。
 この話を見て、しつこい人は嫌われるという言葉を噛み締めました。いや…本当ですよ。
 最初の話に、こずえに写真部に入るように何度も頼む写真部の部長・古宮君が出てくるんですが、この古宮君がこずえを写真部に入らせるためにとんでもないことをしようとします。その現場に居合わせたこずえの友人に「最低!」と言われてしまいますが、わたしも読みながら「それは若気の至りじゃ済まないわあ」と、おばさんなことを思ってしまいました。まあ実際もうおばさんなんですがねハハハ。
 同時に、プールで鍵が締められるという出来事もありまして、このいたずらがちょっと笑えないところまで進むのですが、これをやったのもこずえのクラスメイトの男子だということが最後にわかります。その理由が、好きな女の子が困っているのを助けたかったというものなんですが…助け方にしたって、何も警察が呼ばれるようなことを起こすことはないでしょうよと思ってしまいました。ワイだったらこういう相手は考えてしまいますね。この男子の好きな相手というのがこずえの友人なんですが、この子にはとっくに彼氏がいるのでふられてしまいます。自業自得ですねえ。
 二つ目の話では、裕雨子のストーカーが現れますが、この話で、淀川さんが高校生の時に告白された女の子が自殺未遂を起こしたことが知れます。その出来事がきっかけで、淀川さんが告白してきた女の子ととりあえず付き合うようになったということも。うう、それはトラウマになってしまうなあ。その出来事を知っているから、裕雨子は、自分の告白を本気にされなくても、淀川さんとは友人のままでいることを選んだということもわかります。ついでにというか、淀川さんの弟・多喜次がそんな裕雨子を好きだということも。この多喜次くんかわいいわあ。
 最後の話では、里帰りしたこずえが両親の残したものから、両親の思いを知るという内容になっています。よかったねこずえ。淀川さんのうろたえぶりもよかったです。



・「鍵屋甘味処改5 野良猫少女の卒業」梨沙
 テストに文化祭、修学旅行と高校生らしい行事を終え、鍵屋へ顔を出したこずえ。裕雨子との関係は気になるものの、久々に淀川と会えて嬉しい。和菓子屋から来た客へお茶を出し、ときどきは淀川の助手として駆り出される――平凡な日々が続くかと思いきや、淀川の元カノが現れる。過去に苦しむ淀川、そんな彼を見守るこずえは…?(あらすじ引用しました)
 ひとつめのお話は、開けられない金庫を開けて欲しいという依頼を受け、やっとのことでその金庫を開ける内容になっています。この話に出てきた画家の女の人がかわいい人でして。いやあ、こずえと淀川との初対面の場面はよかった。詳しくは本作をお読みください。
 ふたつめのお話は、淀川の元カノ、つまり淀川に振られて自殺未遂をやらかした人が出てきます。この文塚さんは何かと淀川さんに細々と依頼をするのですが、その理由は婚約者である糸端さんにあったという。それは文塚さんじゃなくても、疑いたくなるなと思いました。最後はなんとか収まります。
 ただ、このふたつめのお話で、淀川さんは裕雨子からの告白が本当だったのかと気付いて精神的にダメージを受けます。多喜次くんが「グラグラしてる」と言うくらいですからね。でもこれで、裕雨子も多喜次君も次に進めるきっかけになったんでしょうね。
 最後の話では、淀川さんのご両親が出てきます。最初はお母さんの方が淀川さんの店に来るのですが、多喜次君の登場で、淀川さんと多喜次君のお母さんだと知ったこずえは慌てます。それはそうだよな。で、そんなこずえに、淀川さんのお母さんは「お父さんと息子を仲直りさせたい」と協力を依頼します。なんだかんだで多喜次君も巻き込まれます。母親は強いのう。
 こずえの奮闘もあって、淀川さんのお父さんは淀川さんの仕事を認めてやらないでもないという感じに落ち着きます。男の人って素直じゃないのかなあ。
 最後はお決まりのハッピーエンドになりましたが、バッドエンドよりはこっちの方がやっぱり好きなのでよかったです。可愛いお話でした。



 「G線上のあなたと私」、現在出ている3巻まで読みました。結婚寸前まで準備も進めていたのに、急に彼氏に振られてしまった人がバイオリンを習い始めるというお話です。習い事で会ったふたりの生徒たちと交流しながら、あれこれ考えたり行動したり。
 いやあよかった。特に二巻の理人くんと飲みにいった後で、バイオリンを店に忘れた理人くんが戻ってきた途端に「今日かわいいから」と言われて固まってしまったところとか。いいね青春ですな。
 他にも連載されているので、単行本が出るペースは遅めのようですが、続きが気になるので出たら買います。早く出ないだろうか。

 

拍手

PR
 back   home   next 
  
  

   admin/write
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小月 静夜
性別:
非公開
趣味:
読書、物書き、落書き、猫と戯れること
自己紹介:
オリジナル小説サイト「小鳥は森に歌う」の管理人。
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by hx
忍者ブログ [PR]