忍者ブログ



  

  

 

 読書状況です。またも紹介し忘れていた本がありましたのでその分も合わせて。
 「半分の~」、これは文庫の方を一巻だけ買って読んでそれきりだったのですが、この度完全版が出るとのことなのでまとめて読んでみました。普通の男の子と病弱だけど気の強い女の子のお話です。周りにいる人達の話もあります。この作者の文章はさくさく読み易いので、お風呂に入るのもご飯も忘れて一気に読んでしまいました。おかげで翌日少しばかり寝不足になりましたが。心情表現が細やかで、若いながらも真剣にお互いを強く思う気持ちがひしひしと伝わってきました。
 「クジラ~」、なんというか、テンションが高い話がいっぱいでした。わたしはどちらかというとローテンションなもので(当サイトの作品をお読み頂ければお分かりかと思いますが)、この人疲れないかなあと思いながら読み進めましたが、面白かったです。あの人達のあの後の話がてんこ盛りだったのでうれしかったのもありますが。
 「宇宙~」、中学生だったかな、の女の子視点で進められるお話です。この作者の以前の新刊「ラン」はわたしとしてはいまいちだったのでこちらはどうかなとちょっと不安でしたが、大丈夫でした。十代ならではの悩みを抱えている子たちが出てきて、みんなそれぞれにあがいて、みんななりの答えを見つけます。そうそうこういう時代があったよなあと感情移入できるので、誰にでもお勧めできるかと。でも屋根のぼりは危険なのでよい子の皆様は真似したら駄目ですよ。
 「大鷲~」、これはデルフィニア戦記というシリーズの番外編で、友人だという騎士二人の若き頃と、王女がいなくなった後のことが少し書かれています。このシリーズに出会ったのは高校生くらいの頃で、文庫になって出ていたのを試しに一巻だけ買ってみたらものすごく面白くて、お母さんにも勧めてみたところ、次の日には文庫で出ている分全部お母さんが買ってきていたというイイ思い出があります。有り難うございますお母さん……。お小遣いじゃ絶対買えなかったですからね……。この作者の文章もすらすらっと読みやすく、それぞれの登場人物の心理表現も確かなので、戦争などの流血・残酷表現が苦手でなければぜひ。恋愛色も出てきますよ。
 「なごみ~」「拝み屋~」、どちらも漫画です。同じ作者が描かれていて、おじいさんなど年長の人達が出てきてドタバタを繰り広げるお話です。まあどちらもしっかり者がいるので話が変な方向にはいかずに済むので、その点は安心していいかと。うん。なごみさんがこれからどんな客を迎えるようになるのか非常に楽しみでなりません。
 「夏目~」、もう紹介なんてしなくても有名ですね、これは。あやかしと人が紡ぐせつないけれどもあたたかなお話です。今回は特に月分祭(つきわけさい)編にじんわりきました。あやかし同士でも絆を築くことがあるのだなと。これからもあたたかなお話を期待しています。

 サイトの方では雨音編、完結いたしました。色々考えたのですが、どれもどうもしっくりこなかったのであんなになりましたが……。次からはおーい、なお人とか強烈な人とかが出てくる家族編が始まります。透と徹の苦労の九割はあの人によってもたらされています。終わりに近いので、いろんな人を出したいなーと思います。どうぞお付き合い頂ければ幸いです。

拍手

PR
 back   home   next 
  
  

   admin/write
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小月 静夜
性別:
非公開
趣味:
読書、物書き、落書き、猫と戯れること
自己紹介:
オリジナル小説サイト「小鳥は森に歌う」の管理人。
バーコード
ブログ内検索
P R

Template by hx
忍者ブログ [PR]